ブログトップ

みどりいろのそら、しつどのゆくえ

jolipeard.exblog.jp

<   2008年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

原田郁子ちゃんライブ

昨日は原田郁子ちゃんのライブ。
今まで見に行った中でベストライブ。
いろいろ他の人も見てきて、畠山美由紀さんとかも
ゾワゾワーっとするすごさがあるんだけど、
昨日の郁子ちゃんのはあったかくって一体感があって楽しかった。
グッゲンハイム邸は素敵な洋館で、距離がすごく近くて
(郁子ちゃんの後ろだったのだ)
グランドピアノの音もすごくよくて、共鳴音というか倍音と言うか
よく分からないけど、金属の音みたいな音がピアノと共鳴していて
多分、建物の音なんじゃないかなあって思うんだけど、
全然ピアノ一台って感じじゃなかった。

とにかく楽しくて、しっとり聴いたり、みんなで大合唱したり。
本当はもっと踊りたかったけど、関西のお客さんって案外しっとり聴く人が多くて
立って体を揺らす感じじゃなかったので、座って聴いてました。
郁子ちゃんはみんなに声をかけていて、すごく嬉しくなっちゃったー。

曲はソロの曲、クラムボンの曲1曲。
6月のアルバム、すごそうだ。
ピアノとはまた違った感じだろうけど、やっぱり心がこもっていそう。

やわらかくてきもちいい風は、なんだかここ最近の気分なんだなー。

ごめんね まだ 帰れないや
旅を つづけなくちゃ

ほんとは
話したいこと 山ほどあるの
あれからずいぶん いろいろあって 
手紙の返事も だせないまま


それからなっちさんの歌詞のカントリーロード、すごくよかった。
あと、オオヤくんとつくった流れ星の歌(タイトル、長くて忘れちゃった)。
じんわり。
たいせつな人、かあ。
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-31 10:53 | music

今日の母

うちの母は朝からべらべら喋る。
勘弁って思いつつも、ぼんやりきいているわけだが、
今朝、カトゥーンのことをカクーンと言っていた。
カクーン?家訓?
ジャニーズも変わったなあ・・・
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-29 22:30 | life

あー

久しぶりにカルアミルク。
泣きそうだ。
じんじんする。
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-29 21:33 | music

波よせて

クラムボンの波よせて、いいなあ。
はあー。
夏、夜、海・・・
mito君の声がいいのだなあ。

明日は郁子ちゃんのライブだ。
間に合わないんだよなー、どうがんばっても。
だけど、がんばって遅刻30分以内に納めたいなあ。

あー。
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-29 20:51 | music

結婚しなくていいですか。

最近、結婚しない、という気分。
そのためにも仕事がんばって、30歳までにそこそこ身につけたい。
そんなふうに思いながら毎日仕事、がんばってるし、なぜか楽しい。
そう、今すごく楽しい。
楽しいけど、このまま一人でやっていけるのかなーって不安も実際にある。
そんなこと思っていたら「結婚しなくていいですか。」ってマンガが目の前に現れた。
ゆるーい。ゆるーいんだけど、ばしんと響く。
結局買っちゃったー。
立ち読みしてたら、泣きそうになって。

つまり、結婚できないとか言うことを嘆いている本ではない。
「今の、私のこの選択で、大丈夫ですか?」ってこと。
これって結婚してようがしてまいが、誰しもがもつ不安。
未婚35歳のすーちゃんと39歳のさわ子さん、すーちゃんの友達で35歳妊娠中のまいちゃん
それにさわ子さんのお母さんと寝たきりで呆けてるおばあちゃんなどが出てきます。

私の最近の気持ち、この一冊に集約されていて。
このまま年をとって、親二人の介護をして、
親がなくなったときには私もずいぶんおばさんになってて、いろいろ関節が痛んだり
家系的に指が曲がってきたりするんだろうなー。
収入はそこそこ、貯金はわずか、特技があるわけでもなく、
健康に若干の不安を持つ女が一人でやっていけるのか?
一人でいることは、確かに寂しいこともあるけれど、本当に寂しいんだろうか?

誰とも比べることのできない人生。
認めるのは私自身でしかなくて、それができなかったら
どんな選択をしたとしても、寂しかったり辛かったりするんだと思う。
だから、結婚が心配なんじゃなくて、この先このまま続けていってもいいのか不安なのだ。
今と比較したいから、結婚もやっぱりしといたほうがいい?って思うんだ。
すごく不純な動機だけど。

さわ子さん、本当に共感なのだ。
さわ子さんのおばあちゃんが、いいのだ。呆けてるけど、生きてるんだよ。
さわ子さんもちゃんと生きていて、13年ぶりにセックスしたんだけど、
結婚もちょっと考えたけど、「球根が違うんだから同じ花は咲かせられない」って思って
この人はやめようって、すごく冷静に選択していて。
いくつになっても女は女だし、セックスだってしたいし、違うなって思う男性とは
いくら年齢的な焦りがあったとしても、一緒にはなれない。

すーちゃんはすーちゃんでお金も老後も心配だけど、やっぱり今を生きてる。
「遠い未来のために、今何をしたらいいのか よく分からないけれど
未来のためだけに 今を決めすぎることもない 
だってまだ今、なんだし などと言いつつ 一日一日、歳をとってゆくのか」

えーん、泣けるよ。そうなんだよ、私達は今を生きてるんだよね。
いろんなことが心配になるけど、私はまず今の仕事を覚えよう。
そしたら、また明日がやってくるんだよね。
えーん。えーん。
嬉しいやら、切ないやら、誰かに抱きしめてもらいたいんだけど
いつの間にかちゃんと一人で立って、ハイヒールでもどんなとこでも歩けるようになったよ。
どんどん強くなっていく。強くなるのは嬉しいけど、
あたしの心の中にいるよわっちい「女の子」の存在を、私自身すら忘れて
たくましくなっちゃうのは、やっぱり抵抗があるんだなあ。

とりあえず、温かいカフェオレ飲んで、お風呂はいって、ゆっくり寝よう。
明日は午後から京都だ。久しぶりにサンドウィッチ食べたいな。
別にコンビニのでもいいんだ。サンドウィッチが好きなだけ。

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日
益田 ミリ / / 幻冬舎
ISBN : 4344014510
スコア選択:
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-27 21:54 | life

色白と言えば

帰りのバスの中、nossotomちゃんからメール。
琴欧州の優勝からひたすら相撲話。
私の中では寺尾、霧島、舞の海ってほんと大好きな力士で
それを久しぶりに思い出した。
お相撲さんって肌が綺麗、って話も。
「色白の出島」は我が家で出島を呼ぶ時の枕詞になっている。
色白、と言えば出島なわけよ。

千代の富士→若貴っていう時代、私小学生で必死になってお相撲見ていた時期で
本当に懐かしくなってしまう。
今でこそ、若も貴も・・・と言う感じになってしまっているけど
あの当時は本当に素敵だったんだなあ。
貴と宮沢りえちゃんとか、本当に素敵なカップルだったなあ。
だけど、りえちゃんは別れてよかったなあ。
別れなければ、あんなにいい女優さんにはなってなかっただろうし。

人生って不思議なもんだよな。
あーどんどん話がそれていく。
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-26 22:09 | life

しっとりと音楽

アンサリーのday dreamがここちいい。
ここちよくせつない。
音楽はいいなー。泣いてしまいたくなるような音楽。
一つの感情だけでない、いろんな感情が刺激される音楽。
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-26 21:32 | music

好きです。

何回も、何回も書くけれど、「人のセックスを笑うな」って本当にいい映画だったなー。
公式サイトでANGELって挿入歌が聞けるんだけど、
この歌だけで、あの映画のいろんなシーンを思い出して、
みるめくんの恋の苦しさを思い出して、
自分自身の恋が始まる時の高揚感とか胸苦しさとか思い出してしまう。

だけど、心のどこかで自転車こぎながら大きな声で歌いたくなるくらい
気持ちがいい恋って、なんだかもうしないんじゃないかなって思ってる。
どうしてこんなこと思うのか分からないけど。
あの頃ってもう渇望に近かったなあ。
なんであんなに恋ばかりしていたのだろうかなあ。

でも、やっぱり恋したいんだと思う。
今の自分にあった恋ってのがどこかにあるかもしれないな。
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-24 16:05 | music

たゆたう

今日はたゆたう本編。
ちょっと時間がないので、頭をちらっと見ただけだけど。
はー、いいな。すごいパワーもらう感じ。
一生懸命がんばりたくなる感じ。
なんだろうなあ、不思議だなあ。

明日は通しでみたいな。
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-22 22:06 | music

クラムボンDVDたゆたう

京都出張。直行直帰で速攻帰ってきて、注文していたクラムボンのDVDたゆたう。
特典のDVDを夕飯食べながら見る。
あー、すごくよかった。
サマーヌード、ちょっと泣いてしまった。
素直に気持ちよい。
またあの空気の中に身を置きたい。揺られたい。

多分、今、確実に、全身に力を込めて強がっている。
多分、今、強がんないとダメな時期なんだと思う。
今、仕事が好きなんだと思う。
早く仕事を覚えたくて、もっとうまく出来るようになりたくて。
だから、すごく充実している。
今まであんまり感じたことのないタイプの充実。

でも、クラムボンのライブの時みたいに全身の力を抜ききって
大笑いしながら、飛び跳ねたり歌ったり体揺らしたりして、最高に幸せっていうのも
また味わいたいのだ。
全身で何かを感じるっている。
感じて、思いっきり笑顔になるっていう。
そういうのはなかなか日常では少ないんだなあ、最近。
[PR]
by joli_peardrop | 2008-05-21 21:03 | music