ブログトップ

みどりいろのそら、しつどのゆくえ

jolipeard.exblog.jp

<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

きゅん

洗濯物を取り込んでいたら物干し竿が落ちてししとうに激突してしまう。
最近再び花を咲かせ始めていたところに、枝が真っ二つ。
すんごい悲しい気分になる。
ダメになる時は全てがダメになるんだなあ。
思いっきりネガティブ。
いや、まだまだいけるかも、と思い、あいているところに差し込んでおく。

マッサージのおかげで、恐ろしく眠って
でも、まだまだ、すっきりしないな。

最近小学校の時の同級生達と連絡取り始めた。
みんな仲がいい。
会いたいなー。旅に出たいなー。

今週末はちっちゃい山、慣らし登山。
そして来週はついに富士山が待っているじゃないか!
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-31 11:35 | life

流れのきっかけを作ってそれに乗る

今日は朝からダメで、昼近くまでぼやぼや。
小中学校の時の友達の近況をしり、自分もがんばんなきゃなって気になって
タイ古式マッサージの偵察にいく。

タイ人の男性が担当で、男の人だったからやっぱり力が強くて痛かったけど
すんごい気持ちが良かった。
スクールの話、聞いてみる。
たぶん、このままスムーズにいくだろうな。
と言うくらいの気分でいる。
流れに乗ることを意識する。


最近またよくキセルを聴く。
京都の兄弟。
シュールな世界。
ちょっとyumbo的な感じ。
詳しいことは知らない。
だいぶ前にツタヤで借りたのだ。
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-30 18:56 | life

これでいいのだー。

ここ数日、仕事で絡まれっぱなしで、自分でもすぐにイライラしてしまうのが分かる。
とにかくいやなことばかりで、顔がすごく怖い顔してるって分かる。
こういうとき、多分恋人にすごく支えられてたんだなーって今さら思うけど
思うだけで、やっぱりそれはそれ。
感謝、だけど、それ以上もそれ以下もない。

あまりにも、ひどい気分だったからnossotomちゃんがリンカランの話書いていたの、思い出して
帰り道に紀伊国屋に寄り道。
最近は毎号買うってのはやめていたんだけど、
今月はダンボールで作る織り機が載っていて、
織物、やってみたかったので購入。
本とか、雑誌とか、CD買うと気分がよくなるので、
ついでに伊藤ゴローさんがプロデュースの
「カフェと音楽と、」というCDも購入。
大好きなmoon riverをnaomi&goroが演奏しているので。
ずーっとほしくて、でもケチケチしてたのだ。

その後、前の職場の先輩で新婚さんのお宅に遊びにいく。
先輩も、こないだ結婚した同期も、すごく幸せそうで
やっぱり結婚っていいもんなんだろうなーって思う。
近況を報告して先輩から
「それはAちゃんの良いところが分かってなかったから、そういう別れ方になったんだよ」
と言われ、なんだか泣きそうになってしまう。
前の職場の人たちは本当に人間的にでかくて深い人が多くって
ぐんと、きてしまう。
でも、それだけでないんだな。
私にもそれなりの理由があるのだ。
でも、みんなに私の「依存性」を話すと、すごく意外がられる。
どう、私、絶対に友達の前では見せない自分がいるのだな。

そうこうしているともう一人同期が夜勤明け、寝坊してやってくる。
近況を聞いていたら、婚約したと。
絶対30歳まで結婚しないと言っていたのに!
でも、心から嬉しい。
やっぱり、そうやってこの人でないと、っていうパートナーを見つけて
一緒にやっていこうってなるのはステキなことで、
傍で見ていても、幸せな気分になるもんなのだな。

自分の悪いところとか、上げ出したらきりがないけれど、
私はやっぱり素直に、自分の好きなところは好きでいたいし
それはそれでいいんだって思った。
別に悪いところが会っても、それも自分だし
もっと自分を大切にしないといけないんだなって。
それは自分を否定していては始まらないんだな。

私のとりえは素直なところだけだし、時に屈折しちゃうけど、
屈折しすぎないところで、素直にいられたら
多分、私、素敵でいられるんじゃないかな。

人身事故で電車が全然来ないホームの上でそんなこと、考えてました。
やっぱり私はどこまで行っても幸せで、能天気なのだ。
別にそれは悪くない。

カフェと音楽と、
オムニバス / / インディペンデントレーベル
ISBN : B000RY448I
スコア選択:

これ、すごい。moon riverにmy favorite thingsも入っている。
ジュテームモアノンプリュも入っている。
すごい、すごーい。
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-30 00:57 | life

野口さんと石原さん

富士山のことを考える。
すごく楽しみ。
野口健さん
実はかなり好き。
石原良純と同じくらい濃くてキャラもかぶってるけど
二人とも、なんか良い。
結構好きで、TV出てたら見ちゃう。

野口さんは熱い。
ブログのコメントで
「人間が生きていること自体が環境破壊。環境保護のために飛行機使うとは」
みたいな、野口さんの活動を否定するような意見があったようなんだけど
それに対してもかなり熱く返している。
普通だったら無視しちゃうようなところを。
共生、なんだよな。
野口さんは「バランス」って言ってた。
何かのために誰かが犠牲になる必要はなくって(地球も人も動物も)
お互いにいい感じで、一緒にいられればいいんだと思う。
そのための妥協とか我慢とか、そういうのはちっとも悪くないんだと思う。
でも、それが行き過ぎたときに、関係は崩れるんだなあ。
人との関係と同じなんだなあ。

子供の時から、なんとなく近くに山があって
毎日眺めてたなあ、そういやあ。
考えたら、この5年くらい、山をぼーっと眺めるって言うのが日常の中になかった。
子供の時、恵まれてたんだな。
何時間でも好きなだけ眺めて、日が落ちていくのを見てたんだなあ。
きれいだったなあ。
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-28 12:55 | life

健全に

ようやく食欲が出てくる。
久しぶりに野菜をまともに食べた気がする。
太らないように気をつけよう。
もう、すっきりさせたい。
こういう動機は大切だよな。
失恋して、きれいになりたいってのは結構健全だと思う。
失恋するとそのまま、泥のようになりがちだったので。
あー、あたし、やっぱり成長している。
そこに愛がなかったわけでも、つまんなかったわけでもないし、
最高に楽しい時間がすごせたんだから。
そういうのは、多分あっちも思ってたんだと信じよう。
そうだそうだ。

登山のこととか想像して、楽しくなる。
ザック背負って、いろんなところを旅する夢を見る。
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-28 11:56 | life

楽しいこと、楽しみなこと

長年の夢だった登山が今年、ついに現実のものとなり始めている。
結構お金がかかるが、いろいろあったし、これくらいはいいだろうと大奮発。
ザック、グレゴリーにしてしまう!
めちゃくちゃ格好いい。
Fast&Lightシリーズ。
初心者のクセに。
でも格好いいんだもん。背負い心地が半端じゃないんだもん。
とりあえず、モノから入る。
続けるもん!
この秋は山ごもりだ。

まずは富士山。
ご来光見てくる。
かなりキツイだろうけど、がんばる。
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-28 00:11 | life

キャンディ・キャンディ

ちっとずつ元気になってきている。
おなかが空いてきた。

暗い音楽ばかり聴いているからいけないんだなって気がついて
仕事帰りに久々にNEIL & IRAIZA 、聴きました。
懐かしいくらいポップで10代後半を思い出してしまった。
JOHNNY MARR?
NEIL & IRAIZA / / インディペンデントレーベル
ISBN : B0009EVJVQ
スコア選択:
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-27 23:47 | music

すっと

一週間うじうじし続けたら
なんかうじうじしているのが馬鹿らしくなって来た。
落ち込んだら、次に転がる。

悔しいのでこのまま痩せてやる。
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-27 16:11 | koe

ただ単に

暗いな、あたし。
エネルギーが鬱滞している。
多分、どん底に居ることに気がつけた。
今、苦しい底にいるだけだ。

絶対に上がれる。
生きていれば大丈夫。
がんばれ、私。
漠然としているけれど、絶望じゃないっていうことは分かってる。

人生が終わったわけではない。
恋が終わっただけだ。

なんて、簡単に片付けられるところまでいきたい。
この世の終わり、の感覚と
この世の始まり、の予感は同時に存在する。
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-27 11:28 | life

明日、また

多分、心ってのはここにあるんじゃないかなって、分かるときがある。
鎖骨の下に手のひらを置いた、そのあたり。

このあたりが痛くなる。

ただ、楽しく、無邪気だった頃が懐かしい。
ずっとこういう楽しい毎日が続くと思っていた、錯覚。
辛いことがあっても乗り越えられると思っていた、独りよがり。
分かり合えると思っていた、勘違い。

消えてなくなりたくなる。
だけど、それでも私はここに居るしかない。

暗いけど、暗いまま、感情を押しとどめられない。
泣きたくなったら泣いて、笑いたくなったら笑う。
それに付き合ってくれる人が、あなたではないけれど
それは本当に悲しいことなんだけど、
それでも何とかやっていくしかない。

私、多分、いろんな感情を共有できるって自分勝手に考えていて
でも、結局はそんなこと本当の意味では無理だったんだよね。
そんなことは、分かっているんだけど、
そんなに深刻に考えずに、一緒にいてくれるだけで、よかったんだけどな。
それは私のエゴなんだろうな。

周りの人たちの優しさに気付いて、ちょっとづつ立ち直っていくしかない。
自分のために心の中にある言葉を吐き出していくしかない。
しょうがない事実を感情が納得してくれるまで
とことん。


一度涙を流せば、とりあえずは落ち着ける。
身体と心の不思議な相関。
こうやって毎日を送っていくことが、明日につながるんだ。
多分また笑える。
[PR]
by joli_peardrop | 2007-08-27 11:21 | life